読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内定式

内定式で「内定を応諾して下さりありがとうございます」と会長が仰っていました。そして「このまま人数が変わることのないまま、入社式を迎えられるのを楽しみにしております」と。

 

今って、一人が何社も内定を持っている時代ですからね。企業側からしたら手放されるのが怖くてしかたないのでしょう。当たり前ですが。

私の企業は、内定後のフォローがしっかりしていて、ほぼ月1ペースでイベントがあります。懇親会、見学会、研修合宿などなど。内定者のフォローはもちろんですが、まあ何よりも一人も手放さないために頑張っているんだな~と感じてます(笑)

おかげさまで、今では同期も大好き、人事も大好き人間になってしまってますよ・・・

選考中は怖く感じていた人事の方が、今ではもはやパパのようです。

 

結局、最終的には”人”が左右するのかなって思います。どんなに給料が良くて、残業が少なくても人に恵まれていなければ苦痛でしかないと思います。逆を言えば、多少給料が低くて残業が多かったとしても、周りに恵まれていれば我慢はできる。

若手ならではの考え方かもしれませんが。

 

結構、恵まれた環境で育ってきたんですよ。お金がわりとホイホイ出てくるような家庭で。

だからこそですが、お金に執着がないんですよね。最低限の生活+たまに趣味を楽しめるレベル稼げれば、あとは楽しく仕事をしていたい。

お金って、そんなに重要かな?って思います。(男ならまたいろいろと変わってくるのでしょうけど・・・)

 

お金がいっぱいあった一方で、家庭内は問題だらけでした。私、小4の時から平日はずっとコンビニのお弁当を一人部屋で食べてたんですよね。親が忙しくて。

というか、特に母親とは平日に一緒にご飯を食べた記憶がない。(うちは母の方が稼ぐんです)

まあ、もちろん平日しつけてくれる人もいないので、兄妹皆我儘放題。問題起こすし、勉強しないし。

寂しかったんですかね。毎日テーブルに1000円おいてあるんですよ、ご飯代って。今でも結構大きな心の穴として残ってます。

 

ちなみに、実をいうと私の母、昔から不倫をしていて(爆)、平日の夜に帰ってこなかったのは仕事ではなく不倫をしていたからだったというオチです。中学生でそれを知った私は荒れに荒れ、今じゃ黒歴史な事を色々していました(笑)

人ってなんで不倫するんでしょうね。テーブルに1000円と不倫は割とトラウマだし、悲しい思い出です。

 

まあ、こんな世知辛い家庭事情はともかく。お金って、大事だけど大切ではないよね、って話でした、はい。

 

そんな、安月給になる私ですが(爆)実家を出ようかをずっと悩んでます。手取りがわからないので、未だに決心がつかないんです。貯金もないわけではないので無謀ではないですけど、でもやっぱり研修の3か月間くらいまでは様子見がいいのかなと。

まあ、いいんですけど、初任給が初任給じゃないのがつらい。募集要項の初任給って、手取りは結局-4万とかになるじゃないですか、きっと。書いておいてほしいです、手取りを(笑)

安月給も同期で語る一つのネタなのでいいですけどね(笑)