読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過労死

過労死が最近話題になっていますが、今回の問題を過労死という言葉にまとめてしまうのは如何なものかと思ってます。

過労死。要は働き過ぎというわけですが、果たしてそれだけが原因だったのか?

そもそも過労で身体を壊し亡くなった、というわけではなく自殺だったって考えると、過労は一つの要因でしかないのでは?

 

SNSをみる限りだと、パワハラ、セクハラ、職場環境といろんな部分が見えてきます。

むしろあれを過労死の一言にまとめて処理した事にびっくりです。自殺ですよ?それだけ彼女を追い込んでしまった要因がもっとあったはずなのに、単なる過労で済ませてしまうのはあまりにも雑なのではないでしょうか・・・

 

 

「もし入社後、本当に大変だったり、辛かったら仕事辞めていいからね。既卒で再就職すればいいんだから。」

この事件を受けて、親に言われた言葉です。

 

「ああ、私は本当に辛くても親には絶対言えないだろうな」

て思いました。

 

なぜ、親に「やめていいんだから」なんて言われなければならないのでしょうか。私の人生です、私が辞めたいときにやめればいいんです。

 

この言葉を”救い”と取るか、単に私の首を絞める言葉と取るかは人にもよりますでしょうが、少なくとも私にとっては後者です。断然後者。

 

小学生の親が

「学校でいじめられてないか?いじめられたらパパに言うんだぞ?」

と同じセリフですよ。

そんで、子供はいじめられてても何も言えない。

 

きっと私もどんなに辛くても親にだけは言わないな~。

 

て思いながら親の話を聞いてました。

 

まあ、私の愚痴はおいておいて(笑)

 

私も過労死予備軍になるんだろうな~、といまさら自分の入社する会社の募集要項を見直して思っていました。

安月給な上に、残業手当込の給料。先輩社員に聞かされる休日出勤の伝説。

まあ好きを仕事にしたので、しょうがないことなのかもしれませんが。

何の犠牲もなく、好きな事ばかりして生きていけるわけないんですから。

 

でも唯一恵まれているのは、周りの人ですかね。

小さい会社なので、すでに自分の上司になるであろう方々にお会いしましたが、雰囲気をみて少し安心しました。いや、まあ、実際来年の今頃「死にたい」ってなってるかもしれませんが・・・

 

でも、〇通ってすごいですよね。どうせこんな事件があっても、来年も新卒応募者いっぱい来るんでしょうから。一度説明会に行って質問してみたいです、過労死について。

 

 

話は変わりますが、1年って早いですね。

去年の今頃、大学の就活塾に月1で通っていたのを思い出します。1回3時間くらいの講座だったんですよね。それからもう1年ですよ。

しかも今年もあと2か月半で終わってします。

休日に渋谷とか新宿行くと、明らかにリクルートスーツ来た子が合説特有のあの袋をもって歩いてるんですよね~。「がんばれ」って就活終わった今だからこそ素直な気持ちで応援できます。

 

きっとあっという間に入社式で、研修が終わり、辛い1年目が終わっていくんですかね。

私の会社は来年度は新卒採用を見送るらしいので、後輩に出会えるのは3年後になるそうです。ちょっとさみしい。

 

 

前まで、人事の方が丁寧にメールにいちいち返信してくれていたのに、10月の内定式以降それがなくなって、一気に「ああ、この会社の一員になりつつあるな」と感じてきました。しかも内定者全員で人前の話し方について結構厳しめに叱られる、なんてことも内定式であったりと、すでにちょっとずつ怒られ始めてます(笑)

内定者って、ある意味ではまだ”お客様”ですからね。いなくなられては困る。ってことで手厚く対応されてたんでしょうね~。

 

メールが来るたび、社会人て怖いなって思ってます。直接会うと、すっごいニコニコして説明してくれるのに、メールだとすっごいお堅い文章でくるんですから。当たり前ですけどね。

 

まあ、あと近況というところで言えば、この前就活を通じて人前にすごく慣れたことを実感して驚きました。1こ下の代のゼミで卒論報告をしないといけなかったんですよ。私、本当発表では声が震えてしまって、何度も何度もリハーサルしないと何も対応できないし、質問だって「お願い、誰もしないで下さい」って心の中で祈ってるタイプの人間だったんですけど、今回発表練習もしないで挑みましたが、殆ど緊張しませんでした。内定式で所信表明した時も全然声震えなかったんですよね。

(多分少なくとも向こう3年は、最終面接より緊張することってないと思います(笑)

 

1人で学食も余裕になったし、他人に声をかけるのも抵抗がなくなったし、今振り返れば就活も悪いことばかりじゃなかったです。というか、少なくとも人間として成長できる機会であることは間違いありませんが(笑)

 

 

久しぶりに内定式で親以外に怒られたのがちょっと新鮮でした。それと同時に、学生なんてまだまだ”子供”なんだと実感しました。こわいこわい。